略奪

Leica M5 / Elmar 5cm F3.5 (HP5 PLUS)

ウロス島に住むおみやげ屋の子ども。この浮島に子猫がぽつんといたのだが、親猫も見当たらずふらふらしていて観光客に踏まれないか不安だったので、近くにいた彼に渡してあげた。同じ島民だから馴染みだろうと思ったからだ。そしてかわいいので写真を何枚か撮っていたら、いつのまにか自分の後ろに同じように彼の写真を撮る観光客があふれていた。そしてそのとき、一人のヨーロッパ人のオバチャンが突如この子から子猫を奪い取って、子猫と記念写真を撮っていた。ペルーに来てからホテルの暇な時間にペルーの歴史を学んでいたりした(普段の生活でいちいちそんなことはしないので、これも旅ならではの行為だと思っている)ので、こういう気質は歴史的に脈々としてるものなのかなあ、ととても複雑な気持ちになった。

【Tweet】
浮島

Leica M5 / Elmar 5cm F3.5 (HP5 PLUS)

チチカカ湖にはウロス島という浮島に住んでいる人たちがいて、観光ルートになっている。浮島は水草のようなものでできていて、この草は家や船、はては食料にもなるという。確かに島の地面にあたる部分はすべてこの草で、なんとなくふわふわしている。
しかし自分たちの生活自体が観光化している人たちは、どこかあざとい。まあ仕方ないけど。

【Tweet】
高原

Leica M5 / Elmar 3.5cm F3.5 (HP5 PLUS)

クスコからチチカカ湖ほとりの街プーノへは移動と観光を兼ねたバスで向かうにあたり、前日に知り合った学生さんたちと同行する。この日はそういうバスツアー的な感じなので何も考えず停車した観光スポットを見たりメシを食べたりするだけなので、気楽だ。
この旅程、本当は鉄道も走っているのだが、時間がかかり値段が数倍したのでバスにした。そもそもペルーは鉄道があまり発達しておらず殆ど観光目的なので生活感がないのだ。
ところでこの道中で最高の標高は4335mにもなり、観光ポイントとして少々の停車がある。登山でも趣味にしてない普通の日本人にとっては通常未知の高度だ。それとともに、薬のおかげもあるだろうが、まあ高いってほど高さを感じないよう、慣れてしまっている自分もまたすごいなあと思う(流石に空気は薄いが)。そんなわけでちょうど並走するかたちになっていたペルーレイルの列車を。

【Tweet】