Home > Tags > EPSON R-D1s

EPSON R-D1s

七月

EPSON R-D1s / Voigtländer ULTRON 28mm F2

息子が生まれてもうすぐ7ヶ月くらいになる。こっちの生まれて数日の写真と比較するとわずか半年程度でこのくらいデカくなるんだぁという純粋な感動がある。対比のためにわざと寝ているところを撮ろうと考えていたが、最近は寝てる状態はあまり撮れない(暗いところで昼寝させたり、抱っこひもの中だったり)のでやっと。

成長は順調で、ちょっとアレルギー気味の肌トラブルがある程度だ。足腰がしっかりしているようで、1秒くらいなら自立もできる。はいはいの初級版みたいのも覚え、離乳食も食べている。つるっぱげになりかけた髪も直毛のフワフワした毛が復活してきている。顔芸でウヒャヒャと笑い、寝ているとゴロゴロと寝返りで近づいてきたりする。要するに何を取ってもかわいいのである。

【Tweet】

父親

EPSON R-D1s / Summaron 35mm F2.8

なんと、こんなぼくが父親になれるようです。順調にいってくれれば。

自分たちにとって未知の新世界に、不安と希望が広がっています。この記事の時点で20週なのですが、遡って書きためているメモとこの先の事がらで、しばらくはこの話題ばかりになってしまうかもしれません。しかしもうそれ以外に大きなイベントもない平凡なおっさんの人生なのでどうかご容赦を。人間ひとりの人生を新規製造するというとてつもないリスクとプレッシャーを背負い込んだとはいえ、この歳でも知らない世界に飛び込むのはワクワクするものです。

 

 

 

以下は余談ですが、

 

現状としては、
・母子ともに安定
・胎動あり(たまに中からの蹴りに反撃してやってます)
・男の子の予定(今うちにある仮面ライダーのおもちゃが無駄にならずに済みそう!)
・ぼくはタネナシじゃなかった!!
といったところです。

 

 

今後色々と心境を綴りたいのですが、取り急ぎ一番ショックだったのは、子どもが産まれるまで10ヶ月(40週)と一般的に言いますが、これって「数え」でのカウントだったというのを当事者になって初めて知ったことですね。ひとの子の誕生日から、いつ頃セックスしたのかと下衆な計算をしていたのがそれまでぜーんぶズレていたとは……。

【Tweet】

外連

EPSON R-D1s / Voigtländer ULTRON 28mm F2

甥っ子をストレートに外連味なし、何の気なし、カッコつけなし、テクニックなしに撮って、でも果たしてこれより良い写真を世界のアチラコチラに行って自分は撮ってこれたのか?と、かなり落ち込んだ。子どもってすごい、というよりズルいなあ…。

ところで、デジカメって便利ですねえ、ほんとに…。

【Tweet】

Home > Tags > EPSON R-D1s

Search
Feeds
Meta

Return to page top