Home > Tags > RUSSAR MR-2 20mm F5.6

RUSSAR MR-2 20mm F5.6

炭住

Leica MP / RUSSAR MR-2 20mm F5.6 (HP5 PLUS)

茨城県の北茨城市、福島県との県境あたりの山あいに、神の山住宅という炭鉱住宅があることをたまたま知って訪れた。もともとは映画『フラガール』のロケ地だったそうで、それなりにスパリゾートハワイアンズがらみの観光やロケ地巡りで訪れる人もいたようだが、今は自分のような廃墟や産業遺産好きのマニアがたまに来る程度のようだ。実際ロケに使われたというセットも手入れはされておらず雑草に埋もれていた。手入れをしていた人も既に亡くなったそうで、この炭鉱住宅に住む人ももう数えるほどしかいないという。
住宅の一角に異常に猫がたむろしていたので様子を見ていたら、暇そうな婆さんがでてきたので挨拶をしてこの辺の昔話を伺ったのが上記の内容。失礼ながらほとんど廃墟のような建物ではあるが、しかししっかり毎月家賃を取られているという。ちなみに婆さんの猫はこのうち1匹で、あとは取り巻き、それから敵のようなグループ?がいるらしいがよくわからない。
しかし、ここも含め夕張や足尾などといったかつて栄えた産業の跡を見て回ると、おそらく今既に下り坂な業界であるところのシステム屋さんでご飯を食べている自分としては、他人ごとには感じられない思いで背中がゾクゾクするのである。

【Tweet】

目付

Leica MP / RUSSAR MR-2 20mm F5.6 (HP5 PLUS)

(続き)
犬の少しあとに、おじさんがいた。こんにちはと挨拶すると、何してんのと言われた。この駅(豊ヶ岡)少し有名なんですよ、たまに居ませんかぼくと同じようなのが、というと、確かにたまにいるとのことだった。ぼくがそれほどはあやしくない人間だと理解してもらえたようで、そのままふらりと去っていった。おじさんは駅の様子を見に来ているのかもしれない。駅舎は木造で適度に管理されている風な感じだったからそう思った。犬の名前は忘れちゃったけど、とても落ち着いてて思いっきりなでてもノーリアクションだった。

ちなみにこの駅から帰るときは、地元のお姉さんが一緒に列車に乗った。先にこんにちはと言われたんだけど、これも防犯対策かな…。

【Tweet】

往来

Leica MP / RUSSAR MR-2 20mm F5.6 (HP5 PLUS)

北海道、札沼線にある豊ヶ岡駅から少し道路のほうに出る。駅と線路は道路から少し離れ、道路からは一見どこに駅があるかわかりづらい。
北海道の、それもいわゆる秘境駅。当然それを期待して来ているのだが、だれもいないなーなんて言ってたら、犬がいた。

【Tweet】

白滝

Leica MP / RUSSAR MR-2 20mm F5.6 (HP5 PLUS)

北海道は石北本線にある秘境駅、上白滝駅にて。おそらく臨時駅を除いて日本で今一番列車が停まらない駅。車で寄って車で帰る(列車を使わない)のは駅制覇したことに自分の中ではしてないので、隣の白滝駅からタクシーで来て(ちなみに駅前のタクシーは日曜休みらしいので注意)、上りの列車に乗り込んだ。なにしろ上下とも1日1本しか停まらず、どちらも始発であり終車であるという乗り鉄にとってはかなりの難易度であるが、先日の北海道旅行にて遂に達成することができた。同時に秘境駅白滝シリーズ(上白滝・白滝・旧白滝・下白滝)全制覇も兼ねているので感無量であった。旭山動物園にもいかず、1日かけてこれだけ。そんな旅が今は本当に楽しい。

ちなみにルサールのこの逆光性能の低さ、いいですねえ。

【Tweet】

試写

Leica MP / RUSSAR MR-2 20mm F5.6 (HP5 PLUS)

旅行に出るときはレンズを買う格好の言い訳になる。北海道に行くことにしたとき、超広角レンズが欲しくなった。もともと広角は苦手なので安物でいいやと思い、そんなわけでビオゴンなどには目もくれずフォクトレンダーでと思ってたが、気付いたらまたもやロシアンレンズのルサールを買っていた。こっちのほうがフォクトレンダーよりは高価いのに。
で、実際に北海道で使って帰ってきてから試写、というのも変な話だが、まあそんなヒトコマ。おばちゃんがケータイに入りきらず苦労しているスカイツリーもすっぽり入るね。こんなの撮りたくて買ったわけじゃないけど。

あ、スキャナも変えました。といってもこっちはあまり変わった感がないな。

【Tweet】

Home > Tags > RUSSAR MR-2 20mm F5.6

Search
Feeds
Meta

Return to page top