震災(11)

SIGMA DP2x

そもそも、なぜ縁もゆかりも無い被災地を見に行く気になったのかというところで、「震災当日に日本に居なかったことに何か思いがあるのでは」という指摘があった。たぶん、そのとおりだと思った。

ぼくは震災の当日ペルーのチチカカ湖周辺の街にいた。最初に知ったのはネット、しかもTwitterのタイムラインで、だ。そして帰国して数日間は、ぼくは東京ではエイリアンになった。みんな少しおかしくなっていた。当然だろう。

ぼくが東京に帰ってきたのは震災から3日ほど後で、あと1日予定が早かったら飛行機が飛ばなかったかもしれなかったが、予定通りに帰ってこれただけでも良かった。でもまだ成田エクスプレスは運休、なのでバスで新宿まで行くと、取り敢えずという感じでわけもわからず本当に必要なのか不要なのか、効果的か否かも見極めないままの節電モード、明らかに記憶の中のそれよりだいぶ薄暗い新宿を眺めつつ、バックパックを背負ったまま思い出横町の「若月」でラーメンを食べた。
ちょっとした揺れで過敏に反応し、毎日職場で朝買っていた自販機の水がある日一斉に売り切れる。うざいほど周りのケータイから一斉に鳴る緊急地震速報。そんなのが沢山いた。ちょっとした地震ネタをしたら不謹慎だと咎められた。
正直に言って、失礼ながら馬鹿かこいつらと思った。勿論、周囲と比べひとりで地震や関連事象に関するテンションが完全に違い、「空気が読めてない」やつだったので、むしろぼくは周りに馬鹿じゃないかと思われていたのだろうと思うところだが。
ただ自分としては理解をしよう、近づこうという観点もあり、震災関連の動画や写真はよく見て、幾ばくかの募金もした。ただやはり体験したこととそうじゃないことの違いは大きい。職場の机があっちこっちにビュンビュンしたという話や、5時間歩いて帰った話。途中で自転車を買って帰った話。窓から見えた千葉の爆発の話。こう言ってはなんだが、ぼくはそれを体験したかったのだ。
今回の震災を自分の体験のより近くに感じたかった。だから見に行ったのだろう。そしてこの行為は間違いじゃなかった。ぽぽぽぽーんのCMが流れなくなってから、どこかでもう過去のことになっていた。でも実態は全然そんなことはなかった。現地のにおいはネット経由では嗅げないことがわかった。

【Tweet】
震災(10)

SIGMA DP2x

Jヴィレッジからはまた海岸沿いの道を南下した。いわき市の小名浜に風俗街があり、そのへんも被災した、という記事をみたことがあったので様子を見に行ってみた。建物は幾つかブルーシートに覆われたものもあったがそれほど壊滅的な様子はなく、呼び込みの兄ちゃんと話した限りは床上程度だったとのことだ。お店を利用する気がさらさら無いのにそういう雑談に応じてくれて有り難い限りだが、その呼び込みの兄ちゃんの店からホクホク顔のオッサンが出てきて店先で目が合ってしまったのは申し訳なく思った。流石にカメラを気にするであろう土地なので写真は少しだけにしておいた。

この旅の最後はいわき市にしていた(レンタカーの乗り捨て返却をいわきにした)ので車を返し、駅前をぶらついていると「coffee ウィンザー」という純喫茶を見つけたので入店した。マダムはコーヒー、トーストにくわえカボチャの煮物をサービスで出してくれた。こういうコーヒーに全く合わない心意気が嬉しい。
いわき市中心あたりは津波の水自体は来ていないが、そもそも地震の被害が大きく、ぼくが散策した限りでも全半壊した状態の建物も少なくない。この喫茶店の建物もよく持ちこたえたというところだ。マダムいわく近所のビルではガス漏れして火災が起きたりもしたとのことだ。地震のあともしばらくは水がでなくなったことと放射性物質の対策(といってもマスクとかその程度のようだが)などで数ヶ月は大変だったようだ。そして現在は風評の影響も含め、やはり人は減っているとのこと。「せめて『福島第一』じゃなくて『双葉第一』だったらまだイメージ違ったんでしょうけどねえ」とマダムは言う。そういう面も確かにある気がする。直線距離で言えばたとえば会津若松や只見のほうだったら仙台市とあまり変わらないのではないだろうか。そうしたただのラベルだけで物事を判断するのではなく、本質を見極める努力をすることを忘れないようにしなければと感じた。

そうした最近の話から、昔の喫茶店が儲かって仕方が無かった頃のこと(そういう時代もあったそうで、コーヒー立ち飲み客までいたそう)まで色々な話を聞いている中で、「今日は楽しかったから日記に書きます」とマダムは言った。ぼくもすかさず「ぼくもブログに書きますよ。あと写真も」と返した。

【Tweet】